日本ビジネス・サポート_ホーム
日本ビジネス・サポート_ホーム
トップページ「店舗アップ♪」「頑張れ♪店長!」よくある質問

店舗アップ♪子機移設・増設手順

              

店舗アップ♪子機移設・増設手順

○店舗アップ♪子機移設・増設手順○

 

 

★.FileMakerを新しいパソコンにインストールします。

 

★MS2の設定

 

1,MS2フォルダの設置
 Cドライブに「MS2」フォルダをコピーして下さい。

2,必須物インストール
 「MS2」フォルダ内にある「プラグイン」フォルダに入り、
 更に中にある「必須物インストーラ」フォルダに入って下さい。
 「setup.exe」がありますので、これを実行して下さい。

 実行する際、許可やOK等を聞いてくる画面が表示される場合がございます。
 肯定する選択肢を選んで進んで下さい。

※Windows8、10の場合で、上記手順を行ってもMS2が起動しない場合は、下記を行ってください。

1,[コントロール パネル] を開き、[プログラム] の項目をクリックし、[プログラムと機能] で [Windows の機能の有効化または無効化] をクリックします。

2,.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む) チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックし、メッセージが表示された場合はコンピューターを再起動します。



初回「MS2」起動時に、アカウント名を設定する画面が出た場合、
OKで進んで下さい。

 

 

★.受注APIの設定(楽天の取込に受注APIをお使いの場合)

 

1,「受注API」フォルダをCドライブに移動します。

2,「受注API」の「プラグイン」フォルダを開き、中にある2つのプラグインを以下の手順で設置します。
  Cドライブ>Programfiles※(x86と付く場合も有ります。)>FileMaker>FileMakerPro>Extentions と進んだ中に貼り付けます。
  FileMakerが開いているようであれば閉じます。

3,「受注API」フォルダ内にある、「ODBC Client Driver Installer」フォルダを開き、
  使用しているPCが「32bit」であれば「FMODBC_Installer_Win32」ダブルクリックし、
  使用しているPCが「64bit」であれば「FMODBC_Installer_Win64」ダブルクリックします。

4,最新のjavaをインストールします。
 

5,FileMakerを立ち上げ、ファイル > 共有設定 > ODBC/JDBCを有効にする と進みます。

  表示された画面で「ODBC/JDBC 共有」を「ON」にします。
  (「getdata」「data」「getdataInfo」はこの画面での共有が「すべてのユーザー」である必要があります。)

 

 

★ヤフーCSV変換君の移設(ヤフーの取込を行っている場合)

 


1.親機のCドライブにある、「ヤフーCSV変換君_S」をコピーし、
 新しく使用するPCのCドライブにペーストします。

2.フォルダ内の「ヤフーCSV変換君.fmp12」と「data_S」のショートカットを作成します。

 ショートカットはデスクトップなどわかりやすい場所に置いてください。

「ヤフーCSV変換君.fmp12」のショートカットをダブルクリックで開いて使用して下さい。
「data_S」のショートカットに、
ヤフーからダウンロードした「items」と「orders」をダウンロードしてください。

 

 

★自動オーソリ君の移設

 

1,Cドライブに「自動オーソリ君」もしくは「WebAPI」フォルダがあります。
  新しいPCのCドライブにコピーします。

2,JAVAをインストールする

上記2つの手順で対応が可能です。

※複数PC利用時の認証キーの更新について
複数台入れる場合、全台で認証キーの更新が必要になります。
1台で認証キーの更新を行い、更新したPCの「自動オーソリ君」もしくは「WebAPI」フォルダ内にある「CardHelper.ini」を別PCの同じフォルダにコピーして
上書きすれば全台の更新ができます。

 

button