日本ビジネス・サポート_ホーム
日本ビジネス・サポート_ホーム
              

修正方法0724

1.〇ファイル名:I_API更新

 

 リレーションの確認を行ってください。

 

 ファイル→管理→データベース

 

 リレーションのタブをクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

紫色の「更新情報作成」の枠内にある

「出力情報作成_D商品」と「出力情報作成_発送完了報告」を繋いでいる「=」をダブルクリックします。

 

 

 

 

 

 

ダブルクリックしましたら、以下の画像のようになっているかご確認をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

なっていない場合は、左側がずれているかと思いますので、左側の一覧から、

「送付先キー」を選択し、変更ボタンをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

変更後、上記画像と一緒になっているか、ご確認をお願い致します。

 

続いて、「出力情報作成_D商品」と「出力情報作成_送付先商品情報」を

繋いでいる「=」をダブルクリックします。

 

 

 

 

 

 

ダブルクリックしましたら、以下の画像のようになっているかご確認をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

なっていない場合は、左側がずれているかと思いますので、左側の一覧から、

「送付先キー」を選択し、変更ボタンをクリックしてください。

 

 

変更後、上記画像と一緒になっているか、ご確認をお願い致します。

 

上記の修正が出来ましたら、「I_API更新」の修正は以上です。

 

 

※修正を行う前に、必ず該当ファイルのバックアップをお取りください。

 

2.〇ファイル名:I_受注管理

 

★新規フィールドを作成します。

 

 ファイル→管理→データベース

 

 

 

 

 フィールドのタブをクリックし、テーブル(B):注文情報

 

 

 

  フィールド名:収納代行会社

 タイプ:テキスト→作成

 

 

 

★既存フィールドの修正

 

 フィールド名:リレーション用決済方法

 を「オプション」で開きます。

 

 

 

 

 

 

計算式の指定画面が表示されますので、点線内の計算式に貼り替えてください。

 

 

-----------------------------------------------------------

Let (

[

#r_flg =

Case (

受注API注文フラグ = "R";1

);

 

#ato =

"後払い楽天"

];

 

Case (

#r_flg = 1  and 決済方法表示 = #ato;"Rペイ";

 

not IsEmpty ( 収納代行会社 );決済方法表示;

 

#r_flg = 1 and 決済方法表示 = "クレジット決済";"Rクレジット決済";

#r_flg = 1 and 決済方法表示 = "Apple Pay";"Rクレジット決済";

#r_flg = 1 and 入金ステータス = "未";"Rペイ";

 #r_flg = 1 and 入金ステータス = "済";"Rペイ";

決済方法表示

)

 

)

-----------------------------------------------------------

 

 

 

 

左下の計算結果をテキストになっていることを確認し、右下のOK→OK

 

 

 

★スクリプトの修正

 

 スクリプト→スクリプトワークスペース(スクリプト管理)

 

 

 

 

 

 

 スクリプト名:決済方法設定(もしくは、_決済方法設定)

 をクリックします。(13以前の場合は、編集で開きます。)

 

 上から、14行目付近(バージョンによって位置が違います)にある

 フィールド設定[注文情報::収納代行会社;""]

  にカーソルを合わせ、

 

 

 

 

 

下記画像の歯車をクリックし計算結果の右にある(指定)をクリックしてください。

 

 

 

 

 

13以前の場合は、右下の指定(C)

 

 

 

 

 

計算式の指定画面が表示されますので、点線内の計算式に貼り替えてください。

 

-----------------------------------------------------------

決済ステータス::収納代行会社

-----------------------------------------------------------

 

 

 

OK

 

 

 

 

修正が完了しましたら、右上の×→保存で修正を完了させてください。

 

修正は以上です。

 

 

 

 

 

button