※設定前は必ずファイルのバックアップをお取りください
ファイル名:楽天ペイ_更新
①画面左上ツールバーから ファイル ≫ 管理 ≫ データベース
 (バージョンによって「管理」が「定義」になっています)
②画面上プルダウンより テーブル名 : 出力を選択
③既存のフィールド一覧から”出力データ_出荷報告”をダブルクリック

計算式指定画面にて—内の式をコピー&ペースト、[OK]ボタンで閉じる

 ̄ ̄ ̄

Let([
テキスト=

Case (
IsEmpty ( 出力用受注番号 ) ;
“注文番号,送付先ID,発送明細ID,お荷物伝票番号,配送会社,発送日”;

“%%%d%%%” & 出力用受注番号 & “%%%d%%%” & “,” &
“%%%d%%%” & 送付先ID & “%%%d%%%” & “,” &
“%%%d%%%” & 発送明細ID & “%%%d%%%” & “,” &
“%%%d%%%” & 送り状番号出力用 & “%%%d%%%” & “,” &
“%%%d%%%” & 配送会社 & “%%%d%%%” & “,” &
“%%%d%%%” & 発送日出力用 & “%%%d%%%”
)

];

Substitute (テキスト;[“%%%d%%%”;”””])

)

その他のFAQ

FAQ

エクスポートの仕方【頑張れ店長】

  1 頑張れ店長メニューから「明細」ページを開きます(受付一覧や送り状一覧のページでもOK)   2 エクスポートしたいレコードを検索する   ※期間は「…」で表します ※2/

続きを読む
FAQ

Callプラグインを認識させる

CallプラグインをFileMakerに認識させるために必要なインストーラーです。 下記の「C++2010」「C++2012」「C++2013」をそれぞれダウンロードし、解凍したフォルダに入っているexeファイルを実行し

続きを読む