・まず処理をしたい注文をいつもと同じように検索します。

・検索結果が出たら、画像赤枠部分に絞り込みたい件数+1の数字を入力し、
 Enterで確定します。

(今回は上から50件だけを絞り込みたいので、51を入れます。)

・上から51レコード目が選択されるので、
 以下画像のように「レコード」→「複数レコードを対象外に」を選択します。

・複数レコードの除外ダイアログが出てくるので、

 入力部分にありえないような大きな数字を入力します。(999999など)

入力したらそのまま除外ボタンを押しますと、

51レコード目から以降全てのレコードが対象外になりますので、

1レコード目から50レコード目までが検索に該当している状態になります。
(何度かOKするか聞いてきますが全てOKで大丈夫です。)

その他のFAQ

FAQ

Callプラグインを認識させる

CallプラグインをFileMakerに認識させるために必要なインストーラーです。 下記の「C++2010」「C++2012」「C++2013」をそれぞれダウンロードし、解凍したフォルダに入っているexeファイルを実行し

続きを読む