「送料代引料更新ボタン修正」

1,『店舗アップ♪』の「受付」タブを押した画面に切り替えます。

2,画面上部の表示からレイアウトモード に切り替えます。

3,画面右側に設置されている「楽天送料代引料更新」もしくは「楽天受注情報更新」ボタンをダブルクリックします。

(独自調整により名前が異なる場合があります。楽天ペイのAPI更新で、送料や代引料を修正する際に使用するボタン)をダブルクリックして下さい。

画像例:

ここから先の設定方法はFileMakerのバージョンにより変わります。

当てはまる方で設定をお願いいたします。

○FileMakerPro12、13にて修正をされるユーザー様

↓のようなボタン設定画面が表示されます。「指定」ボタンを押します。

はじめに、画面下部の「オプションのスクリプト引数」に「“000000k”」を入力します。

※この時、すでに「”000000k”」等の数字が既に入力されている場合、本テキストの対応は不要です。

キャンセルで閉じていき、画面上部の表示からブラウズに切り替えて完了して下さい。

次に、歯車マークを押し、表示される「編集」を選択します。

「スクリプトの編集」画面が表示されます。

画面右側の一覧に『スクリプト実行[「受注情報更新」,ファイル:「I_API更新」…]』の行がありますので、その行をダブルクリックします。

表示された画面下部の「オプションのスクリプト引数」に

「Get ( スクリプト引数 )」を入力してOK、OK、OKで閉じます。

○FileMakerPro14~にて修正をされるユーザー様

↓のようなボタン設定画面が表示されます。画像右下、赤枠のボタンを押します。

「スクリプト指定」画面が表示されます。

はじめに、画面下部の「オプションのスクリプト引数」に「“000000k”」を入力します。

※この時、すでに「”000000k”」等の数字が既に入力されている場合、本テキストの対応は不要です。

キャンセルで閉じていき、画面上部の表示からブラウズに切り替えて完了して下さい。

次に、歯車マークを押し、表示される「編集」を選択します。

「スクリプトを編集」画面が表示されます。

一覧内に『スクリプト実行[「受注情報更新」 , ファイル:[I_API更新…]』の行がありますので、その行をダブルクリックします。

表示された画面下部の「オプションのスクリプト引数」に「Get ( スクリプト引数 )」を入力してOK、OK、OKで閉じます。

4,画面上部の表示からブラウズモード に切り替えます。

修正を保存するか聞いてくる画面が表示されましたら、保存を選んで下さい。

修正は以上です。

その他のFAQ

FAQ

お届け日、お届け時間が自動反映しない。

メニュー画面の左下の設定1タブにて楽天新RS お届け日時抜取対応の設定を行ってください。 プルダウンはヤマト運輸、佐川急便、ゆうパックに分かれています。日時両方とも選択ができるもしくは時間のみどちらかをページ上で設定され

続きを読む