1.〇ファイル名:『頑張れ♪店長!』

 『頑張れ店長!』.fp7版以降をご利用の店舗様を対象とした操作方法です。

 修正前にバックアップをお取り下さい。

  ①ファイル名:頑張れ店長

    メニュー画面を表示します。

1,  画面左上の「ファイル」から「管理」の「データベース」と進みます。

 

2,  『「『頑張れ店長」のデータベースの管理』画面が開きます。

画面上部の「リレーションシップ」タブをクリックします。

 

画面下部の「テーブル/リレーションシップ」内にある左端のボタンをクリックします。

 

「テーブルを指定」画面が表示されます。

データソースから「楽天ペイ_更新」を選び、中央から「出力」を選んだ後、

名前を「出力」に書き換えてOKで閉じます。

 

↓こんなものができたらOKで閉じます。

 

3,  『頑張れ♪店長!』の発送確認一覧に切り替えます。

画面上部の「表示」から「レイアウトモード」を選択します。

一覧画面に設置されている「mall_status」を右クリックからコピーし、

楽天ペイ出荷報告」の近くに貼り付けます。

貼り付けた「mall_status」をダブルクリックします。

フィード指定画面が表示されます。画面上部のプルダウンから「出力」を選びます。

(プルダウン内にある「非関連テーブル」より下にあります。)

「出力」を選んだ後、大きな一覧から「::gr仮発送日」を選び、ラベルの作成にチェックを入れてOKで閉じます。

 

「gr仮発送日」という文字が作成されます。先程ダブルクリックした枠の上辺りに移動してください。

↓設置イメージ

 

画面上部の「表示」から「ブラウズモード」に切り替えて完了です。

レイアウトの変更を保存するか聞いてくる画面が表示される場合があります。保存を選んでください。

 

修正は以上です。

○使用方法

今回の修正により「楽天ペイ出荷報告」でRMS上の発送日を更新する際、

注文自体が保持する発送日の他に、異なる発送日で更新できるようになりました。

今回表示していただいた「gr仮発送日」に更新したい日付を入力してから「楽天ペイ出荷報告」を押していただきますと、

以下の画像のように、どの発送日で更新するかを聞いてくる画面が表示されます。

 

「入力する」を選びますと、先程入力した日付がダイアログ上に表示されます。

問題なければそのままOKを押してください。その日付がRMS上の発送日に更新されます。

『頑張れ♪店長!』上の発送日は変わらずにもとの値が維持されたままとなります。

 

※注文確認から発送まで1ヶ月以上期間がある注文などは、大まかな発送日をこの機能で更新していただければ、

『頑張れ♪店長!』の発送日は維持しつつ、オーソリ切れの対策ができます。

その他のFAQ

FAQ

抽出レコードを変えずに処理を進めたい

メニュー画面に戻ってしまうと、せっかく検索して表示した抽出レコードが変わってしまいます。 抽出されたレコードのまま処理を進めるためには画面上部のタブを選択して処理を行ってください。

続きを読む