ご利用のソフトに応じて「店舗アップの場合」「頑張れ店長.fp7以降の場合」其々選択してください


該当しないバージョンの場合は別途お問い合わせください

I_出力_モール.fmp12 ファイルを開きます

 (ファイルの開き方についてはコチラ)

1.画面左上ツールバーから ファイル ≫ 管理(定義) ≫ データベース

2.次の画面の左上にて テーブル名 : 『送付先情報』を選択

3.一覧の中にフィールド名:「送り状番号計算」があるか確認

  ない場合は下のフィールド名 : 白枠に「送り状番号計算」と入力、

  タイプ:プルダウンから”計算”を選択して[作成]ボタンをクリック

  計算式指定画面にて—内の式をコピー&ペースト

  左下”計算結果”から”テキスト”を選択

 ̄ ̄ ̄ 

Substitute (
送り状番号;
[“¶”;”/”]
)

___ 

4.画面の左上にて テーブル名 : 「販売商品情報」を選択

5.既存のフィールド一覧から「A_送り状番号」をダブルクリック

  計算式指定画面の下図赤枠の箇所を確認

 

  上記の内容が「販売商品情報tmp」の場合は6.

  「A販売商品情報tmp」の場合は7.へ進む

6.計算式指定画面にて---内の式をコピー&ペースト

 ̄ ̄ ̄ 

Let([
元=RomanHankaku (販売tmp:送付先::送り状番号計算);
値一覧=Substitute ( 元;[“-“;””];[“_”;”¶”];[“/”;”¶”];[” “;”¶”];[“.”;”¶”] ) ;
送り状番号=GetValue ( 値一覧 ; 1 )
];

Case (
IsEmpty ( 受注番号 );”tracking-number”;
送り状番号)

)

___ 

7.計算式指定画面にて---内の式をコピー&ペースト

 ̄ ̄ ̄ 

Let([
元=RomanHankaku (A販売tmp:送付先::送り状番号計算);
値一覧=Substitute ( 元;[“-“;””];[“_”;”¶”];[“/”;”¶”];[” “;”¶”] ;[“.”;”¶”] ) ;
送り状番号=GetValue ( 値一覧 ; 1 )
];

Case (
IsEmpty ( 受注番号 );”tracking-number”;
送り状番号)

)

___ 

8.各画面を[OK]ボタンで閉じる

Amazon出荷通知 ファイルを開きます

 (ファイルの開き方についてはコチラ)

1.画面左上ツールバーから ファイル ≫ 管理(定義) ≫ データベース

2.次の画面の左上にて テーブル名 : 『アマゾン出荷通知』を選択

3.既存のフィールド一覧から「A送り状番号」をダブルクリック 

  計算式指定画面にて---内の式をコピー&ペースト

  各画面を[OK]ボタンで閉じる

 ̄ ̄ ̄ 

Let([
元=RomanHankaku (頑張れ店長:送付先・商品情報::送り状番号);
値一覧=Substitute ( 元;[“-“;””];[“_”;”¶”];[“/”;”¶”];[” “;”¶”];[“.”;”¶”] ) ;
送り状番号=GetValue ( 値一覧 ; 1 )
];

Case (
IsEmpty ( 受注番号 );”tracking-number”;
送り状番号)

)

___ 

その他のFAQ

FAQ

Yahoo 受注データダウンロード項目設定

ストアクリエイターProからダウンロードする注文データのテンプレートを設定します。 【1】ストアクリエイターProにログインします。 【2】画面左のツールメニュー   「1-注文管理」から「注文管理設定」をクリックします

続きを読む
FAQ

発注書の印刷はできますか

在庫管理機能を設定していただくと、発注点の設定が行え下回った商品に対して発注書の印刷が行えます。 発注商品は仕入先ごとに自動的に振り分けられ印字がされます。

続きを読む