ご利用のソフトに応じて「店舗アップの場合」「頑張れ店長.fp7以降の場合」其々選択してください


該当しないバージョンの場合は別途お問い合わせください

I_出力_モール.fmp12 ファイルを開きます

 (ファイルの開き方についてはコチラ)

1.画面左上ツールバーから ファイル ≫ 管理(定義) ≫ データベース

2.次の画面の左上にて テーブル名 : 『送付先情報』を選択

3.一覧の中にフィールド名:「送り状番号計算」があるか確認

  ない場合は下のフィールド名 : 白枠に「送り状番号計算」と入力、

  タイプ:プルダウンから”計算”を選択して[作成]ボタンをクリック

  計算式指定画面にて—内の式をコピー&ペースト

  左下”計算結果”から”テキスト”を選択

 ̄ ̄ ̄ 

Substitute (
送り状番号;
[“¶”;”/”]
)

___ 

4.画面の左上にて テーブル名 : 「販売商品情報」を選択

5.既存のフィールド一覧から「A_送り状番号」をダブルクリック

  計算式指定画面の下図赤枠の箇所を確認

 

  上記の内容が「販売商品情報tmp」の場合は6.

  「A販売商品情報tmp」の場合は7.へ進む

6.計算式指定画面にて---内の式をコピー&ペースト

 ̄ ̄ ̄ 

Let([
元=RomanHankaku (販売tmp:送付先::送り状番号計算);
値一覧=Substitute ( 元;[“-“;””];[“_”;”¶”];[“/”;”¶”];[” “;”¶”];[“.”;”¶”] ) ;
送り状番号=GetValue ( 値一覧 ; 1 )
];

Case (
IsEmpty ( 受注番号 );”tracking-number”;
送り状番号)

)

___ 

7.計算式指定画面にて---内の式をコピー&ペースト

 ̄ ̄ ̄ 

Let([
元=RomanHankaku (A販売tmp:送付先::送り状番号計算);
値一覧=Substitute ( 元;[“-“;””];[“_”;”¶”];[“/”;”¶”];[” “;”¶”] ;[“.”;”¶”] ) ;
送り状番号=GetValue ( 値一覧 ; 1 )
];

Case (
IsEmpty ( 受注番号 );”tracking-number”;
送り状番号)

)

___ 

8.各画面を[OK]ボタンで閉じる

Amazon出荷通知 ファイルを開きます

 (ファイルの開き方についてはコチラ)

1.画面左上ツールバーから ファイル ≫ 管理(定義) ≫ データベース

2.次の画面の左上にて テーブル名 : 『アマゾン出荷通知』を選択

3.既存のフィールド一覧から「A送り状番号」をダブルクリック 

  計算式指定画面にて---内の式をコピー&ペースト

  各画面を[OK]ボタンで閉じる

 ̄ ̄ ̄ 

Let([
元=RomanHankaku (頑張れ店長:送付先・商品情報::送り状番号);
値一覧=Substitute ( 元;[“-“;””];[“_”;”¶”];[“/”;”¶”];[” “;”¶”];[“.”;”¶”] ) ;
送り状番号=GetValue ( 値一覧 ; 1 )
];

Case (
IsEmpty ( 受注番号 );”tracking-number”;
送り状番号)

)

___ 

その他のFAQ

FAQ

利用回数のに応じてメール内容を変更したい

頑張れ店長ではお客様の利用回数によってメールの内容を自動的に選択されます。 メールテンプレートの明細区分にて回数1~回数3にテンプレートを設定してください。 利用回数が3回以上ご利用の購入者には回数3のテンプレートが設定されます。

続きを読む
FAQ

利用履歴を登録したい

頑張れ店長の画面右側に履歴登録ボタンがあります。 こちらのボタンでお客様のコメントやお問い合わせ内容など登録することができます。

続きを読む
FAQ

条件付き書式の設定方法

※修正前に必ずファイルのバックアップをお取り下さい※ 今回の修正では、店舗アップの明細画面にて、 購入数が2つ以上の商品の商品名と数量の文字を赤くしてみます。 まず、明細画面にて『表示』→『レイアウトモード』で画面を切り替えます。 まず数量から赤くしたいと思います。 数量のフィールドを右クリック→『条件付き書式』を選択します。 条件付き書式の設定画面が出てきますので、追加を押します。 追加を押したことで条件の部分が触れるようになったかと思います。 『次の値の間』のプルダウンを下げ、『次の値以上』を選択、 画像赤枠部分に2と入れます。(数量2以上の意です) 書式の部分をお好みで編集します。 今回は文字色を赤く、太字にしてみます。 書式の設定が出来たら、OKで閉じて数量の設定は完了です。 次に、商品名を赤くしてみます。 明細画面の商品名のフィールドを右クリック→『条件付き書式』を選択します。 条件付き書式の設定画面が出てくるので、先ほどと同じく『追加』を押します。 今度は、『値が』の部分を『計算式が』に変更し、 『指定』ボタンを押します。 計算式入力画面が出てきますので、 条件を入力します。 今回は商品の数量が2以上だったら、なので画像のような式になります。 計算式の入力が終わったら、この画面はOKで閉じます。 先程と同じように書式の設定を行います。 OKで閉じます。 『表示』→『ブラウズモード』で画面を元に戻します。 商品数が2つ以上の商品名と数量だけが、赤く太字になりました! 修正は以上です。

続きを読む