※修正を行う前に、必ず該当ファイルのバックアップをお取りください。

〇ファイル名:I_取込_ヤフー

1.※店舗アップ♪のメニュー画面を開き、

画面上部のウインドウ→ウインドウを表示→I_取込_ヤフーを選択してください。

赤枠 or 青枠部分のいずれかにあるかと思います。

※どちらにもない場合は、以下の方法でファイルを開いてください。

※この先もウインドウを表示で見つからない場合は、下記の方法でファイルを探してください。

・サーバーをご利用されていない場合

親機PCのCもしくはDドライブに「店舗アップ♪」フォルダがございます。

「インターフェイス」フォルダ内にありますので、ご確認ください。

ファイル名の先頭が、「I」の場合は「インターフェイス」

ファイル名の先頭が、「D」の場合は「データベース」

ファイル名の先頭が、「M」の場合は「マスタ」

フォルダ内に該当のファイルがございます。

・サーバーをご利用している場合

★FileMaker 17~

左上のファイル→ホスト→ホストを表示

ローカルからサーバー機名を選択し、右側から該当のファイルを選択しますと、

開くことが出来ます。

★FileMaker 16以前

ファイル→共有ファイルを開く

左側の一覧から、サーバー機名を選択し、ホストのタブをクリックします。

右側から該当のファイルを選択しますと、開くことが出来ます。

2.左上のファイル名が、「I_取込_ヤフー」になっていることを確認し、

ファイル→管理→データベース

3.フィールドタブをクリックし、テーブルを「orders」に変更します。

4.右上の表示順を「作成順」に変更し、一番下までスクロールした際に、

以下の5つのフィールドが存在するか確認してください。

ある場合は、「6.」に進んでください。

CombinedPayMethod

CombinedPayMethodName

CombinedPayKind

PayMethodAmount

CombinedPayMethodAmount

※順番は画像と一緒ではなくても問題ございません。

5.画面下部にある「フィールド名」という枠に、

CombinedPayMethod

と入力、タイプをテキストに変更し、左下の作成をクリックします。

※前後に、スペースが入らないように、ご注意ください。

同様の手順で、

CombinedPayMethodName

CombinedPayKind

PayMethodAmount

CombinedPayMethodAmount

を作成してください。

6. テーブルを「items」に変更します。

「4.」にて、すでにフィールドが存在したため、処理を飛ばした場合は、

「7.」に進んでください。

フィールド名:決済方法表示をダブルクリックします。

右上の表示順を「カスタム順位」にして頂き、下から上に探していただきますと、

比較的早く見つかります。

ダブルクリックしますと、計算式の指定画面が表示されますので、

以下の線内の計算式に、変更をお願い致します。

———————————————————————–

orders_item::PayMethodName &

Case (

not IsEmpty ( orders_item::CombinedPayMethod ) ;

“/” & orders_item::CombinedPayMethodName

)

———————————————————————–

右下のOK

7. 画面下部にある「フィールド名」という枠に、

決済方法1_内訳金額

と入力、右下のタイプを「計算」に変更し、左下の作成をクリックします。

※前後に、スペースが入らないように、ご注意ください。

計算式の指定画面が表示されますので、

以下の線内の計算式に、変更をお願い致します。

———————————————————————–

orders_item::PayMethodAmount

———————————————————————–

左下の計算結果を数字に変更し、OK

8. 画面下部にある「フィールド名」という枠に、

決済方法2_内訳金額

と入力、右下のタイプを「計算」に変更し、左下の作成をクリックします。

※前後に、スペースが入らないように、ご注意ください。

計算式の指定画面が表示されますので、

以下の線内の計算式に、変更をお願い致します。

———————————————————————–

orders_item::CombinedPayMethodAmount

———————————————————————–

左下の計算結果を数字に変更し、OK

9. 画面下部にある「フィールド名」という枠に、

決済方法2

と入力、右下のタイプを「計算」に変更し、左下の作成をクリックします。

※前後に、スペースが入らないように、ご注意ください。

計算式の指定画面が表示されますので、

以下の線内の計算式に、変更をお願い致します。

———————————————————————–

orders_item::CombinedPayMethodName

———————————————————————–

左下の計算結果をテキストに変更し、OK

10. 画面下部にある「フィールド名」という枠に、

決済方法1

と入力、右下のタイプを「計算」に変更し、左下の作成をクリックします。

※前後に、スペースが入らないように、ご注意ください。

計算式の指定画面が表示されますので、

以下の線内の計算式に、変更をお願い致します。

———————————————————————–

orders_item::PayMethodName

———————————————————————–

左下の計算結果をテキストに変更し、OK

4つのフィールドを追加しましたら右下のOK

2に続きます。

http://www.ganbare-tencho.com/help/paypay_tu2.html

その他のFAQ

FAQ

入荷時期をメールに表示したい

お届け日・発送日の他に発送時期の設定が行えます。 こちらの項目はお届け日や発送日とは違い日付だけではなく文字列の入力も行えます。 例えば中旬の入荷になる場合は、1月中旬などと入力していただくとそのままの情報がメールに反映

続きを読む